Img_04b101e0adfe33707444e55e0af99123
Img_8650dad7dcbef23ccf6c5c788478172b
Img_5812e15297efc1374f437e75f9d2a6d2
大変久しぶりの更新となってしまいました。
日々の様子はInstagramやFacebookにてお伝えしておりますが、ブログを書く余裕があまりありませんでした。
子育てをしていると日々はあっという間ですね。
三歳の娘も日中はほぼオムツが外れているので、今年はプールデビューをしました。
あらゆる区民プールに自転車やらバスやらで出かけ、プール三昧の日々。
水中眼鏡を買ってあげたらあっという間に潜れる様になり、今年は充実の夏休みを過ごしています。

夏休み…長いですね…。
娘の成長を側で見られるのは楽しいのですが、
作業時間を取るのが難しく悩ましい日々です。

さて、日曜日の事ですが、子供を主人にまかせ、イベントへ遊びに行かせてもらいました。
Marché for wedding vol.3 2015 (マルシェ フォー ウエディング)です。

プロの手仕事を間近で見られるのは本当に嬉しい。
こういったウェディングのイベントがどんどん増えると良いですよね。
ペーパーアイテムからジュエリー、ドレスなど沢山のウェディングに関するお店や企業が出店されていました。
その世界観や技術、新しいセンスに心ときめく空間。
様々な形態の個性的なウェディングが受け入れられ、身近になってきていますので、
より多くの選択肢がある事を知るのはとても大切ですし、今、求められている事だと感じています。

私が何より感動したのは、ずっと気になる存在だったsuzuki takayukiのドレスが見られた事です。
すばらしかった。
海外のデザイナーのドレスが手に入りやすく、トレンドではありますが、彼の世界観はトレンドとは逆行しつつも、重厚感と日本人になじみやすく、洗練されたデザインに圧倒されました。
やはり、手仕事の素晴らしさを実感出来、よりやる気のみなぎった一日でした。

ドレスやアクセサリー、刺繍もそうですが、私が単純に心ときめいたのは会場に大量にディスプレイされた巨大なドリームキャッチャーです。

かわいかった。

是非一つ欲しい…。