理想の職場を見つける為に気をつけた5つの事

娘は認定こども園の短時間保育に通っています。
基本的に幼稚園と同じ9:00~14:00の保育時間です。
保育園に行かせていないのに働きたい!と思ってしまった私は、
就活をして、ブランク8年から在宅正社員デザイナーとして楽しく働いています。そんな私が理想の職場を見つける為に気をつけた5つの事をご紹介!

就活前に考えてみよう
  1. 理想の生活をイメージする
  2. 譲れない条件を絞る
  3. 雇ってもらうのではなく『条件の合う所』で働く
  4. まずは雇用形態にこだわらない
  5. 自分の得意を伸ばそう

1. 理想の生活をイメージする

まずは自分が働く事も含めて超理想の生活を思い描きましょう!
今の生活でしんどい事!変えたい事!収入や労働時間も含めて、とにかく
『こんな生活になったら最高なんだけど!』
という生活を具体的にイメージします。

2. 譲れない条件を絞ろう

理想が決まったら、そこから譲れない条件を幾つか絞りましょう!自分が最低限キープしたい生活のルールです。

  • 労働希望時間は何時〜何時。
  • こどもの習い事は行かせたいのでその時間は仕事を抜ける。
  • 残業は絶対NG。
  • 旧な出社要請の対応は早めに教えて貰えて調整出来れば対応する。
  • 休日出勤はできない。
  • こどもの生活リズムは壊さない

など。

https://south-factory.com/wp-content/uploads/2019/03/アイコン2.gif
もうママ

面接の時にも必ず聞かれるのできちんと整理しておこう!
曖昧な返事は今後揉める原因に!

3. 雇ってもらうのではなく『条件の合う所』で働く

実はこれが一番大事!
就活で一番大切なのは『強気のハート』です!
ブランクなんて気にしない!
妥協は生活へのしわ寄せになり、余計なストレスの原因になっちゃいます。
『あたし、一体なんの為に働いてるんだっけ…。』
なんてならない為にも、最初に思い描いた『理想の生活』を思い描いて、
とにかく条件に合う所を探しましょう。

4.まずは雇用形態にとらわれない


大事なのは『目的を見失わない事』
雇用形態も大事なんですが、家庭があり、子供がいる中で、自分の譲れない条件を妥協すると、結果自分にストレスがかかり、収入は増えても続きません。
そして在宅の場合、雇う側もどんな人か分からないまま『正社員としてどうぞ!』とは中々行かないはず。
在宅の場合は、出社しない分、より一層信頼関係を築く事を第一に考えると良いと思います!

もうママの場合

私も最初はパートで働き、一ヶ月の研修期間を経て正社員になりました。しかも元々の求人には『パート』としか書いてなかったんです。なので、まずは雇用形態で絞り込まず、自分に合った職場を見つける事を先行させましょう!

5.自分の得意を伸ばそう

色んな仕事がAIに取って変わられる事が懸念される時代。せっかく仕事復帰するなら自分の得意な事や、これまでのスキルを伸ばせる仕事を探してみると良いですよ。やってみたかった職種に関わる事でも良いかも!

熱中する事は只の『仕事』を超えて『生きがい』になります。子供に自分の意識が集中していると辛くなることも。子育て以外の自分の役割を与えると凄く楽しく仕事も育児も出来ますよ!

もうママの場合

仕事を始める前は育児ストレスが酷く、子供にも優しく出来ずに子供にキツく当たって後悔する日もありました。

息苦しさから『働きたい』と思い立ちましたが、育児しながら就職活動する事は凄く勇気のいる事でした。

でも結果、動いてみて本当に良かった!って思っています。子供と過ごす時間も楽しくなり、会社の方とも友達の様に色々話せて、人間関係が広がった事も大きなストレス解消に!

https://south-factory.com/wp-content/uploads/2019/03/アイコン2.gif
もうママ

環境を変える事は勇気がいるけど、新しい景色も見れるよ!

初めてのもうママの投稿を最後まで読んでいただきありがとうございました!読みやすくする為に1記事にめちゃくちゃ時間をかけて書いています。頻繁に更新出来ませんが愛情込めて書いていきますのでこれからもよろしくお願いいたします。私の経験が誰かの役にたちますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA